葉酸サプリを選ぶ時に注意すること

妊活中や妊娠中、授乳中の方は特に、葉酸サプリを選ぶ際には注意が必要なことがあります。

「葉酸の含有量」
妊娠中に摂取した葉酸の1日の量は「食事で240μg+サプリメントで400μg」です。これは、厚生労働省の推奨するもので、母子手帳にも記載があります。
多くのサプリメントは、1粒または2粒で400μgを摂れるのですが、表示を確認する必要があります。

「葉酸が天然か化学合成か」
葉酸には、食品中に含まれるポリグルタミン酸型と、サプリメントに使われるモノグルタミン酸型があります。

食品から摂る葉酸は、吸収率が50%に対して、サプリメントは約85%の吸収率となっています。サプリメントには基本的に吸収率のよいモノグルタミン酸型が利用されていますが、そのなかにも天然の葉酸と、化学薬品や石油などから作られた、化学合成の葉酸があります。

化学合成の葉酸は、赤ちゃんが喘息になるリスクが高まるといわれているため、天然の葉酸が使われているかのチェックが必要です。

「合成添加物や保存料のチェック」
妊娠中や授乳中には、合成添加物や保存料が使われた葉酸サプリは摂取しなでください。
胎児はまだ肝臓の解毒作用が弱いため、添加物や保存料の影響を受けやすいのです。サプリメントの説明書などでチェックしましょう。

葉酸は体内に蓄積する脂溶性ビタミンとは異なり、水溶性ビタミンなので尿などと一緒に排出されてしまうため、副作用のリスクは殆どないと言われています。

ただし、サプリメントなどで過剰に摂取し続けると、副作用が起きる危険性が出てきます。
厚生労働省は妊娠中の目標摂取量として、食事以外にサプリメントで400μgの葉酸摂取を推奨しており、過剰摂取量を1000μg以上に設定しています。
1000μgの葉酸を摂取し続けると、副作用のリスクが高くなるということです。

葉酸の過剰摂取による副作用の症状として、食欲不振・吐き気・不眠・むくみ・紅斑・かゆみ・呼吸障害・亜鉛の吸収率低下などです。また、胎児への影響として胎児の喘息リスクが高くなるケースがあるともいわれています。

葉酸は食品よりサプリのほうが吸収しやすため、過剰摂取につながりやすいといわれているので、サプリの摂取は1日の用量を守ることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>