葉酸サプリの必要性

妊娠を望む女性にとって、妊娠期間を母子ともに健康で過ごすことが一番の望みになります。そのため、必要とする栄養や食品などに敏感になるので、当然葉酸についても詳しく理解しておられる方も多いようです。

母子手帳などにも葉酸を含む食品を摂ることが記載されています。また、マタニティクリニックなどの掲示板にも、葉酸の必要性が記載されたポスターなどを見かけたりします。

しかし、葉酸の不足による脊椎の異常は、妊娠が判明する前にすでに発生してしまっている可能性が高いのです。妊娠したら全員がそうなるというのではありませんが、妊娠10週までに先天異常の可能性があるということなのです。

海外では、パンやシリアルなどに葉酸の添加を義務付けることで、神経管閉鎖障害の発症率が減りました。アメリカで50%、カナダで46%、南アフリカで30%の減少率です。

先天異常の原因が葉酸不足だけではなく、環境や遺伝的なことも関係しているといわれていますが、諸外国の先の例を見ても、葉酸がかなり関係していることがわかります。

妊娠の可能性のある女性は、葉酸についてもっと興味を持つべきで、公的機関においても、葉酸についての発信を強くするべきかもしれませんね。

妊娠準備の女性や妊娠が分かった妊婦さんの中には、葉酸の必要性を理解しないまま、なんとなく葉酸を摂らなきゃ、という程度でサプリを探している方もおられます。なぜ、妊娠初期に葉酸が必要なのか、不足するとどうなるのかなどを正しく知っておくことが大切です。

妊娠すると、細胞が分裂して増えると同時に、葉酸は母体のDNA情報を正しく形成する酵素の働きを補酵素として助けます。葉酸が不足すると、受精して胎児が誕生するまでの細胞やDNAの形成がきちんと機能しなくなる恐れがあります。

ということから、妊活中から妊娠初期にかけて、特に葉酸が最重要ビタミンだと言われているのです。この時期の葉酸の消費量は通常時の2倍と言われています。ほとんどの方が葉酸不足になるといっても過言ではありません。

厚生労働省では、妊活中から妊娠4ヶ月までの、葉酸摂取推奨量を1日400μg、妊娠5ヶ月~10ヶ月は1日240μg、授乳中は1日100μgとしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>