葉酸の健康・美容への効果について

厚生労働省が葉酸を妊婦対象に推奨していることから、葉酸は妊娠している人に限る栄養素だと誤解されているかもしれませんが、葉酸は老若男女を問わず誰もが必要不可欠な要素です。

そもそも葉酸はビタミンB群に属します。主に赤血球の形成をサポートするほか、エネルギー、DNA合成に必要な成分です。欠乏すると悪性貧血や免疫機能の低下、心臓病や子宮頸ガンにも影響があることがわかっています。

ガンや不妊に関しては、正しい遺伝子配列がなされずに伝わることが原因です。葉酸が母体のDNA情報を正しく形成するための重要な役割を担っていますから、葉酸が不足するとDNAが要因の病気を発症するリスクが高くなってしまいます。

その他、動脈硬化に繋がるホモシステインを善玉アミノ酸に変える働きがあります。動脈硬化は脳梗塞や心筋梗塞など、重篤な病と直結しています。葉酸は体の健康維持に大きな影響を持っているといえますね。

葉酸が妊娠中の細胞分裂にとても重要な働きをすることが解っています。
その働きはお肌のターンオーバーにも言えることで、葉酸が不足すれば肌の生まれ変わりが遅くなって、ハリやツヤのないたるんだ状態になってしまうということです。

また、新陳代謝が活発になれば、脂肪の燃焼率もアップしてダイエットにつながったり、腸内運動を活発にして便秘を改善できたりします。
新陳代謝アップで、血流が良くなれば、老廃物も滞ることなく排出でき、肌色のトーンが明るくなって、化粧のノリもよくなるはず。

美容に関する悩みが、もしかすると葉酸不足にあったかもしれません。
今一度、今の食生活を見直して、葉酸不足を感じたら、サプリメントで補うことを考えてみてはいかがでしょう。

葉酸は妊婦さんだけに関係した栄養素と思いがちですが、葉酸はビタミンの仲間です。

葉酸はDNAやアミノ酸の代謝に関わり、これらは細胞が増殖するうえで必要不可欠なものです。また葉酸は赤血球を産生する機能もあるため、不足すると悪性貧血を引き起こします。

このように葉酸は妊娠期だけでなく、誰もが摂取するべき栄養素です。
しかし、加齢とともに栄養素の吸収能力が衰えて、様々な栄養素が不足してしまうのです。

当然葉酸も不足していますから、葉酸不足による病気が発症しやすくなってしまいます。新陳代謝が落ちて動脈硬化になりやすく、やがて脳梗塞や心筋梗塞といった、命に係わる重大な病気を引き起こします。

さらに最近の研究では、葉酸不足がうつ病を引き起こす可能性が高くなるということもわかってきました。

そして高齢者によくある、骨粗鬆症です。葉酸の働きは正常な骨の形成にも関与していると言われます。

こうして見てゆくと、高齢者もまた葉酸を摂らなければいけないことがわかります。食品からは吸収しにくい葉酸、サプリメントをかしこく利用することを考えたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>